ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

2020年度 模擬患者さん募集Simulated patient

前のページへ戻る

山陽小野田市立山口東京理科大学 薬学部では、コミュニケーション教育と実技試験で患者役を演じる「模擬患者さん」として、ご協力いただけるボランティアを募集しております。

[模擬患者]とは

薬学生のコミュニケーション教育のため、一定のトレーニングの後、実際の患者さんのように症状や会話を表現できる患者役を演じる人のことを模擬患者(SP:通称エスピー)といいます。

薬学生の実技試験では、患者役を演じていただきます。試験課題で準備されたシナリオを覚え、実際の患者になったつもりで、症状や副作用のことを話したり、薬の説明を受けたりします。なお、薬を飲んだり、触診されたりすることはありません。

演劇の経験や患者経験は不要です。学生一人あたりの実技試験時間は5分で、複数名の学生をご対応いただきます。

参加協力条件

  1. 70歳ぐらいまでの方で、FAXやスマホ・メールで連絡ができること。
  2. 模擬患者さんとしてご協力いただく前に、事前研修を原則4回受講すること。
  3. 守秘義務を守ること。
  4. 薬学部(4年制を含む)にご子息、ご息女が在籍していないこと(薬学部卒業生の保護者は可能)。
  5. 実務に携わっている薬剤師ではないこと。
SPイラスト

研修予定・研修場所(山陽小野田市立山口東京理科大学)

5月~11月の間(月1回程度:土曜日 9:30~12:00)を予定、2020年度は事前研修会のみ行います。試験は2021年度からです。

*事前研修には規定の交通費、試験当日には謝礼を予定しています。

お申込み方法

専用フォームでお申込み下さい。郵送、FAXでのお申込みも可能です。

模擬患者についての事前研修会の日程は決まり次第、ご連絡致します。
研修会に参加された後で、不向きと思われる方もいらっしゃるかもしれません。ご辞退は可能です。

お申込みフォーム

下記のボタンをクリックのうえ、専用フォームにてお申込み下さい。

模擬患者募集エントリーフォーム

郵送、FAX

下記PDFをダウンロードのうえ、郵送、FAX:0836-39-7198にてお申込み下さい。
送り先はお問い合わせ先を参照して下さい。

模擬患者募集お申込み用紙(pdf)

★お問い合わせ先★

山陽小野田市立山口東京理科大学 薬学部
SP育成委員会 担当:坂井(さかい)/ 小林(おばやし)
TEL:0836-88-4500[平日9時~17時]/ FAX:0836-39-7198
Email: yrisp@rs.socu.ac.jp

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1